• DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー
  • 定期購読キャンペーン 期間:2017年5月9日(火)17:00まで

「論文検索サービスリニューアル記念!」DHBR論文セレクション付き 定期購読キャンペーン実施中!

1年購読(12冊)+「DHBR論文セレクション」が、通常価格25,600円のところ特別価格20,600円に!

※2017年4月10日(月)より、論文オンラインサービスは、「DHBR論文セレクション」に名称変更いたしました

1年定期購読のお申し込みはこちら

全世界60万人のビジネス・プロフェッショナルが選んだグローバル・マネジメント誌

『ハーバード・ビジネス・レビュー』(HBR)は、ハーバード・ビジネス・スクールの建学の精神に基づき1922年に創刊された世界最古のマネジメント誌です。全世界で12カ国語に翻訳され、英語圏はもとより、ドイツ、イタリア、フランス、BRICs各国、台湾、南米主要国などの国々で、60万人以上のビジネス・リーダーに購読されています。また、グローバル企業の企業内大学や管理職研修の教材としても利用されています。「優れたリーダーの育成と産業界の発展に貢献する」という編集方針の下、世界最高峰のマネジメント誌として評価されています。

世界で最初に外国版として誕生したのが日本版です。本家HBR誌の魅力を最大限生かすこととともに、日本ならではの最適な構成で届けることを目指しています。そのため、HBR論文とともに日本オリジナルの論文やインタビューも掲載しています。その編集方針は、各国のHBR誌からも一目置かれた存在となっています。本家HBRと日本独自のコンテンツの融合だからこその“気づき”があなたの「思考」と「戦略」を、さらに飛躍させます。

「DHBR論文セレクション」で1,800本以上の掲載論文が読み放題

本誌には、戦略やマーケティング、リーダーシップ、人材マネジメント、イノベーションなど、ビジネスの主要分野について、経営者はもちろん、経営研究家、経済学、心理学、脳科学などさまざまな分野のトップクラス権威による論文が掲載されています。様々な分野をカバーできる為、様々な業種に対応した知識と戦略思考があなたの力になります。

「DHBR論文セレクション」は定期購読者だけがご利用いただける限定サービスです。1993年から本誌に掲載されてきた過去論文をインターネット上で検索・閲覧することが可能です。膨大なの論文データベースがあなたの「戦略図書館」になります。

雑誌:「本誌で思考を磨く」 論文セレクション:「過去論文でヒントや解決策を探す」
過去現在の名論文を多彩な視点で切り取る新コンテンツを一挙リリース

1年定期購読のお申し込みはこちら

定期購読をおススメする3つの理由

  • 「知らなかった知識」に出会える

    求めている知識はネットで検索すれば簡単に入手できる時代です。しかし、自分でも気がついていない「必要な知識」は検索からは得られません。出会って初めて「これだ!」と思えるものです。書店で面白そうな本を偶然見つけるように、『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー』を毎月読むことで生まれる新しい思考や知見との偶然の出会いが、あなたの知識幅を必ず広げてくれます。

  • 質の高い知見のみを厳選・凝縮

    『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー』は、世界最先端の論文の中から毎月10本を厳選し、提供しています。世界12ヵ国60万人のグローバル・エリートがこれらの知識を共有しています。毎月欠かさず読むことで、これら世界標準の最新知識を逃すことはなくなります。最新の知識と事例を手に入れることで、グローバル思考と知見が備わります。

  • 継続した学習機会をつくる

    成果を出し続けている優れた経営者は、いまなお学習を続けています。継続した情報収集によって思考力を磨く事が学習を止めない唯一の方法です。論文を読むというスタイルである本誌は、自身の思考をつねにアップデートしながら、鍛えるための学習継続ツールとしてご利用いただけます。月に一日、本誌を読み倒す日をつくる。それがあなたの思考を絶えず鍛え続けます。

1年定期購読のお申し込みはこちら

わたしたちもおススメします

大前 研一

Kenichi Ohmae

ビジネス・ブレークスルー大学 大学院 学長

「ハーバード・ビジネス・レビュー」に寄稿した日本人のなかで、私が最もその回数が多いそうだが、30代から40代にかけては、最も熱心な読者の一人でもあった。もちろん、世界各国のクライアントが読んでいたからでもあるが、マイケル・ポーターやピーター・ドラッカーなど、斯界の権威と呼ばれる人たちと「シミュレーション・ファイト」するためでもあった。「本当にそうなのか」「違う考え方はないのか」と、批判的に読むことで、彼らの主張や理論が理解できるばかりか、自分の考え方やアイデアも磨かれていく。言い換えれば、HBRをサンドバッグ代わりに使わせていただいた。HBRは、批判的読書には格好の雑誌であり、ビジネス・プロフェッショナルたる者、これくらい読みこなせないといけない。

大前 研一


野中 郁次郎

Ikujiro Nonaka

一橋大学 名誉教授

ビジネスの知、マネジメントの知というものは、たえず新しい発見や経験によって、更新され続けなければならない。「ハーバード・ビジネス・レビュー」には、そのような「サムシング・ニュー」があふれている。それは最新号に限らない。私が1991年に米国版に寄稿した “The Knowledge Creating Company” (「ナレッジ・クリエイティング・カンパニー」)は、いまなお読まれており、筆者としては望外の喜びである。市場や組織は経済学が言うような静的なものではなく、動的で、言わば有機体である。ビジネススクールに通う、教科書やノウハウ本を読むだけで満足していては、そのダイナミズムについていけないばかりか、やがて知的怠惰という病にかかってしまうだろう。「ハーバード・ビジネス・レビュー」は、それを防止するフィットネスといえる。

野中 郁次郎


御立 尚資

Takashi Mitachi

ボストン コンサルティング グループ シニア・パートナー

「ハーバード・ビジネス・レビュー」は、「積読」雑誌である。「積読」といっても、悪口ではない。凡百の雑誌は、刊行と同時に読み流され、消耗していくだけだ。高質な「積読」雑誌は、古典たりえる書籍同様、本当に必要なときに、取り出され、読者がじっくりと考えを深める手助けをしてくれる。HBRが手元に届くと、簡単な内容紹介も書かれている目次をざっと読んで、書棚の見えやすい部分にしまい込む。そして、何か考えたいトピックがある時に、古いものから新しいものまで逍遥すると、必ず「これ」という論文にめぐり合える。私にとっては、過去の各号のなかから、自分にとって意味のある記事を拾い出す「編集作業」こそ、同誌の価値だと思う。

御立 尚資


1年定期購読のお申し込みはこちら

読者が教える、続けて読む効果

読者が教える、続けて読む効果

1年定期購読のお申し込みはこちら

キャンペーン適用条件について

  • キャンペーン期間中に、本ページ経由でお申込みいただいた方が対象となります。
  • お支払い方法は「クレジットカード」のみとなります。
  • 「1年購読」の初回契約分に上記キャンペーン条件を適用します。
  • ご契約は自動更新となります。ご継続いただく場合に、新たなお手続きは必要ありません。
  • 配送方法は「ヤマト運輸」の「メール便」となります。
  • 途中で解約される場合は、送本済み分を市販価格にて精算させていただきます。
  • 本キャンペーンの内容および受付期間は、予告なしに変更される場合がございます。

定期購読に関するお問い合わせ・ご連絡等がございましたら、下記までお問い合わせください。

お問い合わせ ダイヤモンド・サービスセンター TEL 0120-700-853 FAX 0120-700-863

お問い合わせフォーム